【我が子が天才になれるかも!?】『モンテッソーリ教育』ってどんなもの?

スポンサーリンク
育児
スポンサーリンク

モンテッソーリ教育って知ってますか

天才将棋棋士の藤井聡太さんが幼稚園の時受けていたということで注目が集まりました。

マイクロソフト創業者ビル・ゲイツやAmazon創設者のジェフ・ベゾスなどの天才も受けていらということで気になりますよね。

我が子も天才になっちゃかも( *´艸`)w

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、大脳生理学、心理学、教育学などの面から効果があると考えられており、教育環境や教具が大きな特徴となっています。

モンテッソーリ教育の基本的な考え方は「子どもは生まれながらにして、自分自身を成長させ、発達させる力をもっている。したがって保護者や教師といった大人は、子どもの成長要求をくみ取らなければならない。子どもの自由を保証し、自発的な活動を助ける役割を果たすべきだ」というものです。
この考え方にもとづいて、責任感と思いやりをもった自立的な人間、一生を通じて学び続ける姿勢をもった人間を育てることが、モンテッソーリ教育の目的です。

すてき~!!!

モンテッソーリ教育を実践する幼児教育施設は「子どもの家」と呼ばれます。「子どもの家」では、以下の4つの要素を満たす「整えられた環境」が準備されていることがポイントです。

1.お子さまが自由に教具を選べること。
2.「やってみたい」とお子さまが思えるおもしろそうな教具があること。
3.社会性や協調性が促される、年齢縦断型のクラス編成をすること。
4.お子さま一人ひとりの発達段階に応じた環境を整備し、お子さまの自己形成を助ける教師。

モンテッソーリ教育って具体的に何をするの?内容や教具

◆日常生活の練習
モンテッソーリ教育の基礎である課目です。大人が行う日常生活のさまざまな動作をまねします。たとえば、ひも通しによる縫う練習、まゆばさみによる箸を使う練習、金属磨きによる磨く練習などです。
日常生活の練習によって、お子さまは秩序立った体の動かし方を身につけるとともに、自立心や独立心を育みます。

◆感覚教育
感覚を洗練させ、ものの考え方を身につけさせる教育法です。感覚教具は、「対にする」「段階づける」「仲間分けする」という3つの操作法が組み込まれています。代表的な教具は、円柱さし、音感ベル、ピンクタワーなどです。

◆言語教育
言語発達を促す教育法です。絵と文字が書かれた絵カードや、文字を並べ替えて言葉や文章を作る文字カードを使います。語彙や文法、文章構成を学びます。

◆算数教育
数の概念の基礎、十進法、簡単な計算を学びます。代表的な教具は算数棒やビーズなどです。抽象的、論理的な力が身につきます。

◆文化教育
身近なものに触れながら、歴史や地理、生物、音楽について学びます。代表的な教具は世界地図パズルや時計などです。

始めてみよう!

まずは家庭内で初めて見ましょう。

幼稚園でだけやっててもやっぱり家の中が大事ですもんね!

子供を観察してみよう!

危険なことや周りに迷惑をかけることで泣ければ、できるだけ自由に遊ばせること。毎日じゃなくても、子供に自由に遊ばせる時間をたっぷりとると、子供は喜んですることや、上手にできることが見えてきます。この子は何をするのが楽しいのか、得意なことを知ることができれば伸ばしてあげることもできるし子供の自信につながります。

ままも興味があると思うのでこれは楽しみですよね!

個人的に取り入れたいと思っていた教育方針

TVで見てこれは実践できる限り実践したいと思っていたお話を簡単にまとめたいと思います。

きっと忙しかったり、いやいや期などでそれどころじゃなくなるだろうけど。。笑

☆アグネスチャン式教育方針

アグネスチャンさんの息子さん3人とも米・スタンフォード大学卒業されている秀才兄弟!1人くらいぐれてもよさそうなのですが笑、皆さんしっかりと自分の人生を歩んでいらっしゃる印象ですね。

教育方針としては、とにかく話を聞くこと。ちょっと待ってと言わないこと。料理を作っていても質問されたら、ママがやっていることを止めて「よく聞いてくれた!」ととことん付き合ってあげること!

こうしてあげることで、質問することはいいことなんだ!っと感じ、自ら勉強するようになるそうです☆

けどなかなか難しいですね~笑 

☆メンタリストDAIGOさんのお母さん式教育方針

やっぱりゲームより勉強してほしいのが親心。しかし子供はゲームがしたいですよね笑

「ゲームするのは〇時間にしなさい!」が一般的な子供との約束かと思いますが、

「勉強3時間したらゲーム好きなだけしていいよ」と言い方を変えてあげるといいみたいです。

なるほど~。好きなことを制限されても勉強に集中もできないし、勉強3時間したら好きなだけゲームできるなら頑張れますもんね!

言い方ひとつで伝わり方が違うのは面白いですね!

まとめ

学習能力が高くなる、集中力がつくなど評判はかなりいいそうで気になります。

日本でモンテッソーリ教育を受けるなら幼稚園・保育園しかないのでこの時期が大事ということですね。

「お勉強が出来る子」「賢い子」を育てるのではなく、生きることを充実させるための力を育てるのが、モンテッソーリ教育なんだと思います。
自分一人でできる環境ややりたいものを自分で選ぶということで「自立心」や「自己肯定感」を育て、それをやり遂げることで「集中力」が身に着くようです。

ご紹介した教育方針の共通点は、とにかく子供と向き合い、危険じゃない限り制限しないということですかね。

言うこと聞かなかったりいっぱいいっぱいになっちゃうことも多いと思うけど、子供と一緒に楽しみながら勉強していきたいですね(‘ω’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました